家に住みつく、しつこいコウモリ撃退 - 傷付けずに追い出せるハクビシン対策

家に住みつく、しつこいコウモリ撃退

日が暮れると住宅地の周辺を飛び回るコウモリ。

一見不気味に見えてしまいますが、コウモリは蛾や蚊などを食べてくれる益獣の面も大きいのです。

しかしわずかなすき間から家に侵入して、住みつかれてしまうと大量の糞による悪臭やカビ菌が含まれるため、乾燥した糞が飛び散り吸い込むと感染症の危険もあるのです。

コウモリは鳥獣保護法で保護されているため、許可なく捕獲したり殺すことはできないのでコウモリ撃退は家から追い出し、戻ってきても入り込めないように侵入口を塞いでしまうのです。
コウモリ撃退を始める前に、まず家に出入りしている侵入口を確認します。侵入口を塞ぎきれないと何度追い出しても、場所に執着するコウモリは戻ってきてしまいます。侵入口が複数あり手に負えない場合や高い位置にあり自力で対応できないときは、専門業者への依頼を検討するが良いでしょう。


繁殖力の高いコウモリが増えてしまうと、さらに被害が深刻になってしまうのです。



コウモリを家から追い出すコウモリ撃退グッズは、強烈なハッカの臭いがする専用の忌避スプレーや害虫用のくん煙タイプの忌避剤、蚊取り線香の煙も嫌います。



コウモリが巣にしている場所に合わせて使うのが良いでしょう。

コウモリ撃退は虫を補食するために巣から出ていく、夕方から始めるのが効率的です。

休んでいるコウモリにスプレーを噴射すると慌てて逃げ出していくので、全てのコウモリが出ていったのを確認してから糞の掃除を消毒します。
掃除をするときにはホコリを吸い込まないように必ずマスクをして作業しましょう。
終わったら侵入口になっているヒビやすき間はパテで塞ぎ、通風口などは目の細かい金網で塞ぎましょう。
コウモリが再び戻ってこないためのコウモリ撃退には、効果が持続する固形タイプの忌避剤や超音波発生器もコウモリが嫌うので効果が期待できるのです。