知ってれば安心、コウモリ撃退法 - 傷付けずに追い出せるハクビシン対策

知ってれば安心、コウモリ撃退法

コウモリの被害は年々増えてきています。



屋根裏や車庫に棲みついてしまったり、最悪部屋に入ってくることもあります。



コウモリは野生動物であり病原菌の媒体となる可能性がある上に、糞などが乾燥して飛散することで知らないうちに健康被害を及ぼすことも考えられます。
しかしコウモリは鳥獣保護法により勝手に捕獲・殺傷が禁止されているため注意が必要です。

コウモリ撃退法として最適なのが、忌避剤による追い出し方法です。



ホームセンターやインターネットで購入することができ、簡単に使える点が魅力的です。

コウモリ撃退用の忌避剤は、コウモリが嫌がるハッカ油を主成分としており人間に対して害が少なくなっています。
しかし匂いが長時間持続しづらく、匂いが薄まると効果も弱まってしまうため定期的に使用する必要があります。

定期的な使用を怠ると、再びコウモリが戻ってきてしまうことがあるため注意してください。忌避剤によりコウモリ撃退に成功したら、侵入経路を塞ぐことが重要です。
コウモリは1〜2センチほどの隙間があれば自由に出入り出来てしまいます。

市販のパテや目の細かい金網などで穴を塞ぎましょう。

雨戸やシャッターなど完全に塞ぐことができない場所は、面倒であってもその都度開け閉めを行うなどし寄り付きづらい環境を作りましょう。
コウモリは、夕暮れから夜間にかけて行動する習性があるため、特にこの時間帯を狙って作業することをおすすめします。
また、繁殖期である7月、8月は追い払うことが困難になるため、これ以外の時期に作業をすることも効果的です。