コウモリ撃退に使えるもの - 傷付けずに追い出せるハクビシン対策

コウモリ撃退に使えるもの

日本に棲息しているコウモリの中には、果実の食害をもたらす種類や、ごく小さな身体を活かして家屋に入り込み、天井裏などで生活する種類がいます。どちらも人間のテリトリーに踏み込むものであるため、各個コウモリ撃退をする必要が生じてきます。



コウモリは、超音波を用いた反響音で周りの環境を測位した上で、飛ぶ際には常に最適なルートを選ぶことで知られています。
その超音波の周波数は30kHzから100kHzの間の高周波を用いているとされ、その精度の高さから水面の振動まで感知して魚の捕獲に活かすほどです。



そのため、コウモリ撃退をする際はコウモリの出す超音波の周波数で、高出力の音を流す発生器を用いるとコウモリが適切な測位ができなくなり、目的の家屋に住み着きにくくなるとされています。

人間にはその周波数の音は感知できないため、適切な箇所に仕掛けておくだけで効果が得られます。
また強力な磁石を住み着かれたくない場所においておくだけでも、強力な磁石自体が超音波を乱す作用があり、コウモリ撃退として使用できます。



他の手段としては、コウモリは嗅覚が優れているため、煙と匂いを焚く線香などで対処することもできます。

外出する際などで、強力な煙と匂いを発生するものを設置しておくと、その間にコウモリの居場所を奪い、退散させておけます。
ですが、これらの方法でコウモリ撃退できたとしても、入り口を塞がなければまた戻ってくる可能性も十分あります。

コウモリ撃退したのを確認したら、どこが入り口になっていたのかもきちんと確認して、可能であれば塞いでおくようにしましょう。